ロシアでの年越し1999-2000(3)


この何にもなくてどこでもない場所に、彼らのモスクワの友人も年越しに来ているということらしく、雪の深い森の中を半時間ほど歩いて、別のダーチャに向かうことに。

ロシアの自然はワイルドだ。どこにも人の手など入ってはいない。
人が歩いて踏み固められたところにだけ道が出来ている。
雪が深いせいで、物音も全くしない。
歩く度にギシギシ言う足音のみを聞きながら、物も言わずにただただ歩いていると、何だか自分がどこにいるのかもわからなくなってくる。余りの寒さで色んな感覚が麻痺してくるような錯覚に襲われる。

a0087352_7221995.jpg


ロシアの森は色んな意味で深すぎるのだ。
ドイツに来たロシアの友人は「ドイツには本物の森がないね。」と言ったことがある。そして彼らはしきりに「シビリゼーション」と言う言葉を半ば皮肉めいて使っていた。

そしてここにはその「シビリゼーション」なんてかけらも見当たらないのだ。

隣人のいるダーチャまで歩いて30分以上。この村にはこんなふうに6軒くらいの小屋が存在し、そこに人が住んでいるらしい。いつかの夏のぼんやりとした記憶では、友人が食料品を買いに行くのにそれこそ歩いて往復2時間くらいかかっていたはずだ。夏ならまだしも、こんなに寒い中だと堪ったものではない。このような不便な場所に住んでいる人たちの生活は自給自足が基本である。

それはそうと、友人のいるダーチャはかなりの大所帯で子供もたくさん来ていた。
買い物に行く代わりに、そこで夕食をご馳走になる。

年越しのカウントダウンはキャンプファイヤーの周りで。
子供たちは仮装し、ぐでんぐでんに酔っている大人もそうでない人も揃って
はしゃいでいたのがとても自然で可笑しい。

a0087352_7353597.jpg


コンピューターが三つ並んだ0を解読できず、世界が混乱に陥っていたとしても
ここでは何も変わらないだろうな、そんなことを思わせるロシアでの年越しだった。

a0087352_7451896.jpg


続く

人気ブログランキングへ
[PR]
by zaichik49 | 2008-01-20 08:16 |


ベルリン在住、ベルリナーによるモスクワ体験記も一段落。今後も気になるロシアや現在のベルリン生活の中で想うことをつらつら書いていこうと思います。


by zaichik49

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2009年9月29日に長女を出産しました。タグの「妊娠」にて妊娠覚え書きをまとめてみましたので、また覗いて見てください。

チェブラーシカなロシア?

ブログのタイトル変更について


当ホームページ掲載の記事、写真等の無断掲載を禁止します。
©2007-2009 Mariko*
All Rights Reserved.


カテゴリ

全体
ロシア
モスクワ
ベルリン

アート
カルチャー
デザイン
日常
その他
未分類

タグ

以前の記事

2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 02月
more...

ブログパーツ

フォロー中のブログ

イスクラ
増山麗奈の革命鍋!
ベルリン中央駅
ベルリンで考える心地よい暮らし

ライフログ


チェブラーシカ


チャパーエフと空虚


ノスタルジア


ストラヴィンスキー:バレエ《春の祭典》/スクリャービン:交響曲第4番 作品54《法悦の詩》


ベルリン・天使の詩 デジタルニューマスター版


ナイト・オン・ザ・プラネット


Home-Made: Contemporary Russian Folk Artifacts


堕ちた天使―アザゼル


The Book of Illusions: A Novel


はてしない物語

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧