やり過ぎなのでは?


最近、困っている(頭に来ている)ことがひとつ。

それはVodafoneのやり方。

余りにひどいので今回は名指しで行きます。

去年の出産時に合わせて母がベルリンに滞在した際の連絡手段として相方の利用している某携帯会社のパートナーカードを準備。母が帰国した後、お得な料金体系であるし、自分の携帯はほぼ利用していないに等しい上、月契約料も高いため解約することに。

そこでまずはメールでVodafoneに解約希望を送付。返信では署名が必要とのことで、リンク先で指定された解約書にサインし、郵送。数日後、解約受理の書簡が届くがそこには「長らくご愛用頂いているので、これからも顧客として以下のサービスをしたい云々。」との記述と、「近日中にお電話差し上げます。」とのこと。

早速、携帯に電話がかかってくる。

「解約ご希望とのことですが、解約出来るのは今年10月なのでそれまでに出来るだけお安くなるようサービスさせて頂きたい云々。」

こちらとしても、10月まで無駄金を払うわけなので、少しでも安くなるに越した事はない。そこで、それを了承すると、「解約についてはまた改めてお考え下さい。」とのこと。

要するに解約をするには改めて解約書にサインしたものを郵送する必要があるわけで。
勿論、忘れないうちに郵送する。

この日以降、5日間で計30件ほどの電話がVodafoneから同じ番号で入ってくる。それこそ土曜日だろうが、夕方20時だろうが、朝の8時半だろうがお構いなしである。しかも、おっぱい星人がそのせいで何度も起こされて泣く羽目に。

初めの電話にだけは出て「解約したいだけなので、これ以上の電話は必要ありません。」と伝え、後の電話は居留守か無言で対応。それでも止まらないので、携帯ごと箪笥の奥に放り込んでしまった。

それでもブーブーとバイブレーター機能でかかって来ていることに気付かされイライラ。

ええ加減にせんかい!!

余りにもひどいので連邦ネットワーク庁(Bundesnetzagentur)のサイトでダウンロード出来る「違法広告電話の届け出」用紙に記入して、ネットワーク庁のみならず、Vodafoneのカスタムサービスセンターにもコピーを送付。

しかし、これで解決するのかどうか。
とにかくドイツのVodafoneを解約予定の方はくれぐれもご注意を!!
ドイツで携帯電話を新規で契約される方にはこちらでの契約は全くお勧め出来ません。

ところで皆さんならこういう場合、どうされますか?

人気ブログランキングへ
[PR]
by zaichik49 | 2010-01-21 01:17 | 日常


ベルリン在住、ベルリナーによるモスクワ体験記も一段落。今後も気になるロシアや現在のベルリン生活の中で想うことをつらつら書いていこうと思います。


by zaichik49

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2009年9月29日に長女を出産しました。タグの「妊娠」にて妊娠覚え書きをまとめてみましたので、また覗いて見てください。

チェブラーシカなロシア?

ブログのタイトル変更について


当ホームページ掲載の記事、写真等の無断掲載を禁止します。
©2007-2009 Mariko*
All Rights Reserved.


カテゴリ

全体
ロシア
モスクワ
ベルリン

アート
カルチャー
デザイン
日常
その他
未分類

タグ

以前の記事

2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 02月
more...

ブログパーツ

フォロー中のブログ

イスクラ
増山麗奈の革命鍋!
ベルリン中央駅
ベルリンで考える心地よい暮らし

ライフログ


チェブラーシカ


チャパーエフと空虚


ノスタルジア


ストラヴィンスキー:バレエ《春の祭典》/スクリャービン:交響曲第4番 作品54《法悦の詩》


ベルリン・天使の詩 デジタルニューマスター版


ナイト・オン・ザ・プラネット


Home-Made: Contemporary Russian Folk Artifacts


堕ちた天使―アザゼル


The Book of Illusions: A Novel


はてしない物語

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧