タグ:人 ( 11 ) タグの人気記事

ロシアのおっかさん


昨日、昼過ぎに知人から電話を受けた。

「Privet!」

ン?ロシア語??と2秒くらい考えた後、声の主に思い当たる。

「あ、マキシム? もう着いたの??」

そう。かなり久しぶりにロシア語を聞いて少し戸惑ったのだ。
マキシム一家に会うのは6年振りくらいになるだろうか。
メールで近々ベルリンで年を越すので会えたら良いね、という連絡は貰っていたのだが、
彼らのいいところは形式的な挨拶だけではなく、着いたら本当にすぐに連絡をくれるところかもしれない。

それにしてもマキシムとモスクワで知り合ったのは95年だから、随分長い付き合いになる。
カプチョーニと同じアパートの上階に住んでいたナターシャとマキシムが付き合っていた頃に近所のよしみで知り合ったのだが、今では別のナターシャとの間に2歳の息子を授かっている。この2歳のキムはおっぱい星人を不思議そうに眺めていた。名前を聞いて「ルナ?」と空を見上げたり。「ルナ(луна=luna)」はロシア語でも月という意味で、キムがママ、パパというよりも先に初めて話した言葉がルナなんだそうだ。

既に14歳になったイゴールはナターシャの最初の子供で、彼がまだ8歳くらいの頃に一度みんなでダーチェに行ってわいわい遊んだこともまだ記憶に新しい。子供の成長は驚く程早い。(リンク先の上から5番目の写真が当時のイゴール)

とにかく、分かり易い場所ということでハーケッシャーマルクトの駅前広場で落ち合う事になった。
いつもの如く、少し早めに家を出て思ったより冷えの厳しい中、広場へ向かう。
勿論、おっぱい星人をバギーに乗せて。
約束の時間になっても彼らが現れないので、その辺をウロウロするものの、バギーごとお店の中に入るのも億劫だし、余りにも寒いので駅のすぐ側のカフェで暖を取る事にした。彼らの携帯番号も持っていないし、会えなければ仕方ないか、くらいの気持ちで。ロシア人とフランス人の友人には待たされてばかりのような気がするが、そんなことイチイチ気にしていてもこれまた仕方ないのである。

ちらちら窓の外を見ながらチャイを飲んでいると、馴染みの顔ぶれを見つけた。

「マキシム!ここ、ここ!!」

カフェの扉を開けて彼らを呼び止めることが出来た。
ただでさえ小さな駅前のカフェが急に賑やかになる。

それまで固い表情だったお店の男性もロシア語やら日本語やらが飛び交う中、柔らかい表情になったのが印象的だった。ナターシャがたどたどしい英語で飲み物を注文。

「シュガー?あ、サハラね。ハウマッチ???どのくらいシュガーを入れますか、だって。みんなどうする?」

などなど。6年のブランクは微塵も感じさせないのが不思議。
子供は分かり易く成長しているが、大人は見えない所で成長するものなのかもしれない。

「昔程、実験的な生活スタイルを求めなくなった。」

とマキシム。マキシムもナターシャもアートに携わっている人たちで、マキシムは最近では学校でIT関連の授業も持っているんだとか。モスクワのビエンナーレでは出展もするそうで、相変わらず精力的に活動している模様。ナターシャも定期的に展覧会に参加しているそうだ。ベルリンでeBoyに会えれば面白いかもね、という話になった。

a0087352_18302047.jpg


2時間程の外出を予定していたのが、結局はその後寒い中、連邦議事堂まで歩くことになり、せっかくだからドームも見て行こうということに。そこに至るまでの道中がこれまた面白かった。おっぱい星人が途中で少しひんひん泣き出すと、ナターシャが

「寒いから抱っこしてあげた方が良いよ。バギーはこんなに寒いと良くない、良くない。私はモスクワではいつもスリングで移動してたよ。」

と、おくるみの毛布を使って私にスリング風に星人を結わえ付け始めたのである。こういうところが肝っ玉母さんというか、ロシアを感じるのだ。

「もう何でも聞いてね。随分本も読んだし、大抵のことは経験上分かってるから。」

これまた心強い。議事堂内のケーファーというカフェでトイレに行こうとすると、おむつ替えるんだったら手伝ってあげる!とこれまた同行。移動中もイゴールが空いたバギーを押してくれたりと、自然に小さな家族のようになるのである。

あー、懐かしい。この感じ。
私がロシア人を愛おしく思って止まないのはこういう親密な空気が自然に出来上がるところなのかもしれない。

そして、この日は案の定寒さにブルブル震えながら、クタクタになって帰途に着いたのである(笑)。

人気ブログランキングへ
[PR]
by zaichik49 | 2009-12-30 17:52 | ロシア

ベルリン 1995年


またまた懐かしいフォトシリーズ。

95年、ベルリンに来てまだ日も浅い頃、語学学校の後に当時の友人たちに呼ばれ、壁公園(Mauerpark)のバラック小屋に足を運んだ時のこと。
「ARTEの撮影があるから好きな洋服を持っておいでよ!」という誘いだった。
アルテが何なのかも知らず、よく分からないまま撮影現場に顔を出すとHoney-Suckle Companyのメンバーたちが思い思いにスタイリングをしているところだった。ちなみにARTEはフランスの国営テレビである。

a0087352_331762.jpg


a0087352_34345.jpg


ありゃりゃ、何だこれ?

という気分だったが、自分も見よう見まねで洋服を改造することにした。
テープを貼ったり、チューブを付けたり・・・
カメラマンもそんな中、比較的自由気ままに撮影を続けていたのが印象的だった。

a0087352_323176.jpg


時間が経つうちにどんどんみんなの素顔が分からなくなり、何だか良い感じになってきた。

a0087352_38387.jpg


a0087352_383216.jpg


a0087352_391018.jpg


ドール、人形、子供。がらくた。そんなイメージか。

a0087352_310622.jpg
a0087352_3102439.jpg


ベルリンに来たばかりの頃は、朝の早い語学学校の授業に毎日出るのが大変だったことを覚えている。
それよりも、こんな風に色んな人たちに会って訳の分からないことをする方がずーっと魅力的だったのかもしれない。ロシアとの距離がぐっと近づいたのも1年目だった。

ただ、それも熱に浮かされている最初のうちだけで、途中からはビザ取得や生活維持のために現実的にならざるを得なくなるわけだけれど。初めは自分のポジションを見つける事が出来ず大変な思いをしていた気がする。

当時のみんなは今、どこで何をしているのだろう?
この時に知り合って、今でも連絡が付くのはふたりほどしかいない。

人気ブログランキングへ
[PR]
by zaichik49 | 2009-09-12 03:18 | ベルリン

去年の今頃


もう数年前になるけれど、日本の友人に「このサイト面白いよ〜。」とリンクを送ってもらったサイトが糸井重里さんによる「ほぼ日刊イトイ新聞」

仕事の合間、時間のある時にまさに「ほぼ毎日」除く習慣が出来つつありますが、本当に良く出来てるなぁ、と毎回感心させられる盛りだくさんな内容となっています。

読者投稿形のページも多く、普段は全く参加したことがなかったのですが、ほぼ日プロデュースの手帳紹介コンテンツの中に「みんなの、なんでもない日おめでとう。」というものがあり、クリスマス休暇中に去年の今頃撮った写真を見つけ、「1月の写真」として送っておきました。

今日、ふとそのことを思い出し、
そのサイト
に飛んでみると、その写真が掲載されていたのでした。

去年の今頃。ベルリンフィルで小澤征爾さん指揮によるチャイコフスキーの「悲愴」を収録する仕事が入ったのですが、それがほぼ同時期に仕事を始めた日本人カメラマン同僚との最後の仕事となったのでした。彼は今、東京でカメラマンとして頑張っています。

こんな風に毎日、短くても良いから気に留まった風景を写真として残しておく、というのも良いものですね。実際は「毎日」というのはなかなか難しいものなのですが、「ほぼ毎日=ほぼ日」なら出来るのかな?

それにしても、ネーミングも憎いですね、「ほぼ日刊イトイ新聞」!
コピーライターの成せる技でしょうか。何はともあれお手本にしたいことがいっぱいのサイトです。

人気ブログランキングへ
[PR]
by zaichik49 | 2009-01-24 07:58 | 日常

こんな夢を見た081017

夜にあまりにもリアルなこんな夢を見てパッチリ目が覚めてしまった。

ひょろーっとしたカプチョーニに良く似た人が何の脈絡もなく、
エレベーターに同級生らしき人二人と一緒にいた私を
じーっと穴のあくほど凝視しながらこう言った。

「モスクワ一の夜景が見えるアパートがあるんだ、連れてってあげるよ!」

返事もしていないのに、エレベーターからひょいっと飛び降り、
丘か山のような凸凹している所を、
足下の砂に足を取られそうになりながらぴょんぴょんと
ジャンプしながら急いで降りていく羽目になった。

夜道なので、飛び移る場所の見極めや
タイミングを計るのに結構ハラハラしながら。

それでもそうやって月明かりに照らされながら、
結構なスピードで飛んで移動するのは心地よかった。

そうして着いたのはダーチャのような小屋だった。

「あれ、夜景とかって言ってなかったっけ???」(ま、いいか。)

灯りがすでに点いていたので誰かが中にいたはずなのに、
入ってみると誰もいない。
中に入った途端、さっきまで一緒にいたはずの
同級生二人は姿を消していた。

誰も夜景の話なんて最初からなかったように、
その小さな、ほわーっとした灯りの点された部屋で
寛ごうとしていた。何と言うか、そこは初めて来たところではない
親密な懐かしい感じのする部屋だった。

それはそうと、私はさっきから気になっていたことを
勇気を出して聞いてみよう、と心に決めた。

「ねぇ、何で足にきのこが生えてるの?
実はさっきから気になってたんだけど。」

「あ、これ?医者が言うには頭がお腹のきのこを
楽しそうに食べたせいで、それが
頭の中で育っているらしいんだ。」

と、理屈の通らない説明をしながら、
男はソックスを脱ごうとしている。

きのこがソックスに引っかかるようにしてしなり、
ぴょこん、とまた真っすぐ元に戻った。

確かにえのきのような細いひょろひょろした
キノコが足の甲にたくさん生えているではないか・・・

それは何だか滑稽でもあり、とても悲しくなる光景でもあった。

「キノコになってしまうの?」

「うん、そうかもしれない。」

それを聞いて、この人がキノコになったとしても
大事に育ててあげよう、鉢植えにして。
と心から思った。


人気ブログランキングへ

a0087352_17103397.jpg
[PR]
by zaichik49 | 2008-10-23 17:56 | モスクワ

サバカなお話


さて、「ベルリンとモスクワ」で書いた近所の散歩とモスクヴィッチとの不運な出会いだが、その後なぜか3人のモスクヴィッチの中の一人の荷物が突然、当時暮らしていた共同アパートに運びこまれることになる。

「あ、これ預かってもらえる?カプチョーニの荷物なんだけど。」
「は?」

もちろん、その後で本人まで預かることになるとは。ハハハ。

そんなこんなでベルリンに暮らし始めた初っ端から何だかハチャメチャな展開に。
しかもアパートの住人はアメリカ人2人(NY出身のドラマーとテキサス出身のハードロックバンドの女性ボーカル)とドイツ人1人(生物学科の学生でビオ大好き)。そこにドイツ語の話せない日本人とロシア人が。

まあ、かなりメンタリティー的に違いがあってただでさえややこしいわけです。
ハードロック姉ちゃんは朝からファッ○を連発し(クロイツベルクのバーで朝まで働いた後なので、まあ気持ちは分かりますが)、学生のドイツ人はテスト前になると騒音を避けるため友人の家に避難、勝手の分からない日本人は姉ちゃんを怒らせてばかり、ロシア人はマイペースに好き勝手にしている・・・ とまあこんな感じ。

ただ、そのイボンヌというハードな姉ちゃんがふと漏らした言葉にこんなものがあります。

「でも、あのロシア人にはソウルがあるよね。自分のルーツを大事にしているというか。あんたの他の高慢ちきなドイツ人よりよっぽどいいんじゃないの?」

「・・・そりゃどうも。」(あれ、この人結構鋭いかも?)

そして、風来坊のカプチョーニ(ロシア語で「薫製」と呼ばれているって一体?)は手書きの本のようなものをくれた。

a0087352_3211782.jpg

a0087352_3222874.jpg


当時はロシア語がさっぱり分からなかったのでボイスレコーダーに声を吹き込んでもらう。どうやらサバカ(犬)とカタラーヌスとスナルターク(KATPAHYSとSYHAPTAK)の話のようだ。そして残念なことに、こういう気の利いたプレゼントにはめっぽう弱いのだ。とうとう帰るんだね、カプチョーニ。

そう、ある日彼はこう言った。

「明日、モスクワに帰る。」

散々振り回されたからなのか、あまりの環境の違いからくるストレスからなのか、カプチョーニが去った数日後、ベルリンで救急病院の世話になってしまった。そんなことは、あれが最初で最後だった。トホホ。


↓またトホホ話にワンクリックよろしくです。
人気ブログランキングへ
[PR]
by zaichik49 | 2008-08-04 03:36 | ベルリン

ヨーロッパかアジアか


モスクワに冬将軍がやってくると、外は半端でない寒さに襲われる。
零下25度くらいまで平気で寒くなる。
そうなるともう寒いというより痛いという感覚の方が近い。

初めてモスクワを訪問したのも冬だった。
95年のモスクワにはカフェなどどこを探しても見つからず、凍えた時に暖を取る場所は専ら地下深くにあるメトロだったのを覚えている。

そんな冬の最中に寒さでかちかちに凍結したトベルスカヤ通りを皆で歩いていた時に(アリョーシャは例の如くそんな中、なぜか自転車に乗っていたのだが)撮ってもらった写真がこれである。

「マナナとマリコ!一緒に写真撮るからちょっと待って!」

「ほらほら、さすがアジア同士だけあるよ、何かが似てる!」

a0087352_720099.jpg


マナナは確かウズベキスタン出身だったはずだが、モスクヴィッチからすると、そこはもうモスクワのヨーロッパ圏ではなく、アジア圏なのであろう。
言われてみると、確かに彼女には何か親近感のようなものを感じる。

そこで、その後みんなで遊びに行ったクラブ(確か友人がDJをやってたんだと思う)で、お決まりの質問にこう答えてみた。

「どこから来たの?」
「ウズベキスタンだよ。」
「あ、そうなんだ。」

こんな風にそのまま見事にスルーしたのである。

「冗談だって。日本だよ。」
「えーっ、そうなんだ?本当?」

本当です。

そんなこんなで、ロシアで出身をごまかした方が都合が良い時はウズベキスタン人になることにした。ロシアには外国人料金というものが存在し、列車代や美術館の入場料が天と地の差ほど開きがあるからだ。

ロシアほど広大な国になると、文化圏まで違ってくるからすごい。ソビエト連邦が崩壊して次々に独立国家が生まれることになったのも至極当然のことなんだろうと思う。


人気ブログランキングへ
[PR]
by zaichik49 | 2008-08-03 07:36 | カルチャー

ベルリンとモスクワ


ベルリンにやって来たのが95年の4月。
月並みな言い方だけれど、光陰矢の如しで月日が流れるのは本当にはやい。

ベルリンにやって来た理由は、何だったんだろう?

首都になったのはいいが、壁崩壊後の過渡期のため、何もかもが中途半端で手付かずで全く機能しておらず、それが一種の独特な雰囲気を形成していたんだと思う。
「何か変だな、ここ。これからどうなるんだろう?」街の中心地にだだっ広い空き地がぽかりと存在していたのが不思議でしかたがなかった。そこがポツダム広場だったわけだが、当時はまだなーんにも建っていなかったのだ。

そんな何かがズレてしまったベルリンにやって来て、3ヶ月もしないうちにロシア人に会ったのが運の尽きだったわけだ。

当時の生活は昼と夜が逆転してしまっていて、毎日外をとにかく飽きもせずてくてくよく歩いていた。語学学校が早朝からだったのにもかかわらず、毎日遅くまで出歩いては面白い場所を見つけたり、人に出会ったりするのが楽しくて仕方なかった頃だ。ドイツ語の勉強よりそちらの方が断然わくわくした。

外を歩くのは一人の時もあれば、親しかったミシェルというフランス人とアルジェリア人のハーフの友人と歩くこともあった。

その日もミシェルと夜中の2時頃、当時住んでいたクロイツベルクのアパートの側にあるギャラリーを通りかかったのであるが、そんな時間だというのにそこだけ昼間のように明るくて思わず二人で中を覗いてしまった。「何やってんだ、こんな時間に?」

すると中には真っ白なピラミッドがどーんと建っていた。入り口には"Was tun? Что делать?"と書かれている。
やれやれ。本当に的を得た質問だ。「どうするの?」とは。
当初、これといった目的も無しに単に興味とある種の予感のみでベルリンに行こう、と決めた者としては、「それで、どうするの?」と自問の日々なわけである。

それはさておき、「何だこれ?」と思っていると、中から人がこちらに手招きしているのが目に入った。「中に入れだって。」「ははは、じゃ、入ろう。」と言って足を踏み入れた。

<<どこから来たの?

とにかく、モスクワと聞いても当時は余りピンと来なくて、ただ彼らとの距離が初対面から余り感じられなかったのが印象的だった。ベルリンに来たばかりでドイツ語も話せないと、なかなかドイツ人と馴染めない。語学のせいかと思っていたら、どうやらそういうわけでもないらしい。ロシア人とならブロークン英語でも十分コミュニケーションが取れるし、何と言っても感覚的な身近さが感じられるのだから不思議である。もしかすると、ロシアの方が人との距離の取り方が日本人に近いのかもしれない。

結局、この日はミシェルも交えて彼らモスクヴィッチ3人と夜長、意気投合したのは言うまでもない。それにしても、よくこんな写真があったものだ。恐らくミシェルが撮ってくれたのだろう。まだこの時はカメラもコンパクトカメラ程度のものしか持っていなかったし、自分のアンテナを張るのに精一杯で写真を撮る余裕なんてある意味全くなかった気がする。

a0087352_349475.jpg


まさか、この日の出会いがモスクワまで繋がるとは思わなかったけれど。
この日から自分の中でモスクワはどんどん近づくことになる。


人気ブログランキングへ
[PR]
by zaichik49 | 2008-08-02 03:57 | ベルリン

即興性


今日は珍しくベルリンの中のロシア的なことについて。

写真を整理していたら、2004年にリトアニアの友人が関わったインスタレーション展示会場での写真が出て来た。

a0087352_441875.jpg


a0087352_453063.jpg


写真のこの人。
間違いなくロシア語圏出身である。
発しているオーラがモスクワの友人たちに似ていたことから思わずカメラを向ける。


やっぱり!

a0087352_46308.jpg


思った通り反応が素晴らしい・・・

a0087352_4104368.jpg

a0087352_472216.jpg


こちらが何も言わなくても、即興パフォーマンスが繰り広げられるのだからうれしくなる。ただ、油断していると負けちゃう感じなのだ。

ところで、このイベント、今になってどういったコンセプトの展示だったのか調べてみたが、なぜか「ドイツの中のノルウェー」のような内容のHPにヒットする。そういえばリンク上のサイトで紹介されているAdam den Haeneらしき人物もその場にいたような。

a0087352_492024.jpg


「32のピアノ」というタイトルで以前ベルリンの検問所だったチェックポイントチャーリーの側にあるツィンマー通りにあるギャラリースペースで行われたインスタレーション展示とその他イベントだったのだが、廃棄された古いピアノを利用して壁をイメージしたインスタレーションなどもあったし、そこをステージにして、解体されたピアノを使ったセッションなども行われた。

a0087352_4114621.jpg


そう、ノルウェー人の彼が黙々と準備をしている側で繰り広げられた即興パフーマンスなのである。今となっては名前もすっかり忘れてしまった(まあ、よくあることだ)。

そして、パフォーマンス終了。
「ん?」
「あのさ、それってカラーそれとも白黒?」
「白黒。」
「あ、じゃあ近くにいい建物があるから連れてってあげる。写真撮れば?」

(ちょっと待った。これじゃ、まるでモスクワの会話じゃないか。)

この一言で危うくコロっと行きそうになるが、そこは押さえてとにかく彼のペースに負けない様に黙って後を追う。

着いてみると何の変哲もない新しい建物だった。
が、彼がそこに立って適当にポーズを取ると何だかとても良いのだ。
かなり見られる自分というものを心得ているタイプなんだろうなー、などと思いつつカメラを向ける。

a0087352_4124310.jpg


a0087352_4132077.jpg


こういう、即興性のある人には、正直かなり惹かれてしまう。
今となっては名前も知らない通りすがりの人ではあるけれど。


人気ブログランキングへ
[PR]
by zaichik49 | 2008-08-01 04:24 | ベルリン

レーナとアーニャ


a0087352_5303912.jpg

よく目を凝らさないと自分でも見分けがつかないが、ロシア人の友人の幼い頃の写真に混じって、私の父が撮った幼い頃の写真がモスクワの知人、レーナのアパートの壁に貼られている。上の写真の赤丸の写真だ。

レーナも例のМАРХИ(モスクワ建築アカデミー)の卒業生で壁に貼られている写真のほとんどが恐らく同期の仲間、あるいは幼なじみである。面白いのは電話の受話器を握っている子供の写真が多いことだ。この壁のコレクションが一目で気に入ったので、日本から持ってきた自分の小さな頃の写真を仲間に加えてもらった。残念ながら、受話器を握りしめた写真はなかったが、まあそれは仕方がない。

a0087352_345836.jpg

ところで、このレーナの存在は初めて会った時から少し謎だった。モスクワでは友人を一人作れば、その一人から数珠つなぎのように次から次へと友人のそのまた友人、という具合に知り合う人が増える。ロシア人にとっては私は多くのロシア人の中のほぼ唯一の日本人であるため問題ないのだが、こちらとしてはナターシャが三人、イヴァンが二人、ユーリャにユーラ、イリヤにアリョーシャ、アーニャにターニャと似たような名前が多く、全員を把握するのは到底無理難題である。レーナには友人の友人くらいの比較的早い段階で知り合ったのだが、とにかくインパクトが強かった。

彼女は目が悪いのか、ロシアで未だに見かける典型的な形をしたレンズの大きな眼鏡をかけていて、眼鏡越しの視線が鋭かった。向かい合って座っているとじーっとこちらに向かって視線を投げかけてくる。しかもとても人懐っこい。大抵のロシア人はドイツ人に比べて初対面から何倍も人懐っこいのだが、彼女の場合、他人への壁がほとんど取り払われているような感じである。そんな彼女と娘のアーニャと三人でアートの展覧会を見に行く機会が何度かあった。

a0087352_355691.jpg

ロシアに通いだした当時はほとんどロシア語が理解できなかったし、元来余りそれほど知らない他人に根掘り葉掘り質問をする方でもないので、アーニャの父親が誰なのかとか、彼女が現在何をしているのかといったことも知らなかったし、知らなくてもそれはそれで全く困る事はなかった。

ただ、一つ困ったことは彼女がかなり頻繁に私にお酒をねだることだった。始めは全く気付かずに、「ハラショー、ピバね。(オーケー、ビールね)。」と気軽に受け答えしていたものの、ある時、お酒のかなり入った状態の彼女に出くわした。ロシア語で延々と自分の悩みを打ち明けているらしいのだが、私にその全てが理解できるはずもない。まさにドフトエフスキーの小説に出て来るような感情的な自己告白に付き合わされる羽目になった。

そして時間が経つうちに、今度は彼女の飲酒量が気になり始めた。彼女にお酒をねだられても断る様になった。そして、断ると彼女は結構本気で怒るようになった。

何年か後に、風の便りで彼女が極めて深刻なアルコール中毒になったと耳にした。

飲酒過多はロシアの深刻な社会問題のひとつであるというが、それもロシア人の「ほどほど」とか「適度」とかいう中庸の感覚とは無縁な民族性にあるように思う。日常の端々でこちらが羨ましくなるくらいドラマチックな彼らを目にすることがよくある。話術にも優れているし、人情にも厚い。恋愛沙汰になると熱くなり過ぎる傾向にあるが、それに比例してなのか子供のいる若いカップルの数も多い。しかも、母親違いの子供が二人いると聞いていたのが、実は三人目がいるんだ、とかいうことも聞かされたりする。そんなドラマチックな大人に囲まれた子供たちはとても逞しく想像力が豊かである。彼らのきらきらした目を見ていると、何だか子供の可能性というものを信じたくもなる。

今頃、大きく成長しているはずのアーニャに会ってみたいものだ。後で彼女の父親があのアリョーシャだと聞いて少し驚きもした。

旅行者でもなく、移住者でもない、自分の輪郭がぼんやりしているような浮遊感の漂う感覚でモスクワに行くことはもうないだろうが、今の状態で改めて彼らに再会してみたい気がする。


↓ワンクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by zaichik49 | 2008-07-02 06:23 | モスクワ

モスクヴィッチ


ベルリンとモスクワを行ったり来たりする時期がベルリン在住のかなり長い間を占めていたのだが、モスクワを去る時はいつも半ばホッとするような、それでいて自分の分身を半分置いて帰るような複雑な心境になるのが常だった。

いつだったか、とても陰気くさいシェレメーチェボ国際空港へ向かうメトロの中でアントン・チェーホフの言葉が記されたシールが貼ってあった。

a0087352_6144210.jpg


「モスクワへおいで!!!
私はモスクワをひどく好きになった。
モスクワに馴染んだ者はモスクワから離れる事ができない。
私は永遠にモスクヴィッチ(モスクワっ子)だ。」

空港まで付き添ってくれたモスクヴィッチはそのシールを突然べりっべりっと剥がし、私のトランクに貼ったのだった。

それを見る度に何だか今でもとても悲しくなる。

人気ブログランキングへ
[PR]
by zaichik49 | 2008-02-04 06:29 | モスクワ


ベルリン在住、ベルリナーによるモスクワ体験記も一段落。今後も気になるロシアや現在のベルリン生活の中で想うことをつらつら書いていこうと思います。


by zaichik49

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2009年9月29日に長女を出産しました。タグの「妊娠」にて妊娠覚え書きをまとめてみましたので、また覗いて見てください。

チェブラーシカなロシア?

ブログのタイトル変更について


当ホームページ掲載の記事、写真等の無断掲載を禁止します。
©2007-2009 Mariko*
All Rights Reserved.


カテゴリ

全体
ロシア
モスクワ
ベルリン

アート
カルチャー
デザイン
日常
その他
未分類

タグ

以前の記事

2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 02月
more...

ブログパーツ

フォロー中のブログ

イスクラ
増山麗奈の革命鍋!
ベルリン中央駅
ベルリンで考える心地よい暮らし

ライフログ


チェブラーシカ


チャパーエフと空虚


ノスタルジア


ストラヴィンスキー:バレエ《春の祭典》/スクリャービン:交響曲第4番 作品54《法悦の詩》


ベルリン・天使の詩 デジタルニューマスター版


ナイト・オン・ザ・プラネット


Home-Made: Contemporary Russian Folk Artifacts


堕ちた天使―アザゼル


The Book of Illusions: A Novel


はてしない物語

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧