タグ:作家 ( 4 ) タグの人気記事

滅びの都


毎回、日本に帰国する前に購入したい書籍をリストアップするようにしているが、去年11月に購入した本の中で一番印象に残ったのがこちらである。

a0087352_3322292.jpg


滅びの都 (群像社ライブラリー)
アルカージイ・ストルガツキイ (著), ボリス・ ストルガツキイ (著), 佐藤 祥子 (翻訳)

全人民の幸福を実現する実験のため「都市」では国家を捨てた人間たちが世界中から集まり働いている。人工太陽が明滅する「都市」の内部では、労働する人間に進化するはずのサルの群れが暴れ、赤い館に入った住民の連続失踪事件が起こり、急進改革派はクーデタで起死回生をはかる—。ごみ収集員から大統領補佐官にのぼりつめたロシア人アンドレイと過去の文書を読みふけるユダヤ人カツマンの都市=地獄めぐりを軸に、全体主義のイメージを脳裏にきざみこむストルガツキイ兄弟最期の長編。


アマゾンのサイトでタルコフスキー→ストーカーの順でヒットしたのが上記のSF作品だった。

さて、このストルガツキイ兄弟であるが、二人組のSF作家で兄アルカージイは日本文学者、弟のボリスは天文学者でもある。1957年から兄弟合作の形でSF小説を発表し始めた。彼らの創作活動は<現代を把握するためのモデルづくり>であり、その鋭い社会的姿勢は、しばしばソビエト体制と衝突した。発禁になった著書も何冊かある。

ロシアの作家の作品には難解なものが多いが、この物語もその類に漏れずかなり複雑な内容になっている。幸い、日本語訳があり親切な解説付きということで、ある程度までは筋書きが追えたが、それにしても随分と込み入った話ではあった。それにも関わらず、久しぶりに一気に終わりまで読んでしまえたのが他の難解な本とは違うところだ。

1996年にボリス・ストルガツキイがサンクト・ペテルブルクにて記した、日本の読者に対するまえがきから一部を抜粋してみよう。この物語が描かれた時代背景が少しは伝わるのではないかと思う。

 この小説が書かれたのは、実に気の遠くなるほど昔のことである! 小説に描かれた時代と人間たちも、作者の構想が生まれ、熟し、作品になった国ももはや間にも残っていない。

 われわれが作品の構想を練りはじめたのは1968年で、この小説がわれわれの存命中に発表されることがまずありえないことは最初から分かっていた。以下がわれわれの計画だった。書きあげ、3−4部タイプしてからそれをいろんな出版所と編集部に送るー出版するためではなく、人に読んでもらうためである。さらに、ああした状況下ではつねに「自己増殖」が起こるということを経験上、知っていたーコピーの枚数は幾何級数的に増え、読者の数が幾何級数的に増えていくと。

 しかし、このささやかな計画が陽の目を見ないことは、すでに70年代初頭にはっきりした。この作品はわが国でたんに「通らない」だけではすまないことになった。危険ということになったのである。これを手放すわけにはいかなかった。勝手に泳がせたなら、編集部に渡るのでも出版所に渡るのでもなく、以前ワシーリイ・グロスマン*の小説に起きたように作品が差し押さえられる恐れがあったのだ。
(中略)
 ロシアの読者も含め、現代の読者は、当時のわれわれの危惧をもはや理解できまい。今の読者は「通らない小説」が何のことかまったく分からないし、検閲が何なのかも知らない。ソヴィエト・コミュニズムとドイツ・ファシズムが驚くほど似ているというかつての反逆思想も、腹いっぱい食べられる社会イコール幸せな社会では決してないというかつて禁じられていた考えも、(中略)今の読者には常識になっている。


このまえがきの中で過去を振り返りながらも、ボリス・ストルガツキイはこの小説が現代の読者にとって切実な問題性を失っていないのではないか、と述べている。何のために生きるのか?われわれの世界はどこへ行くのか?そしてそれはどうなるべきか?またわれわれはどうなるべきか?日本の読者も同じような問題を立て、それになんらかのかたちで答えざるをえないのではないか、と。
SF作家にはいつも先見の明があるように思えてならない。

そして、いつの時代にも問題の核にあるのはこのように何か普遍的なものなのかもしれない。

*グロースマン(Vasilii Semyonovich Grossman, 1905-64)
作家。ウクライナの生まれ。モスクワ大学理数学部を卒業後、科学技師として働く。1934年に処女作「グリュカウフ」。同年発表の「ベルディチェフ市」でゴーリキーに認められる。戦後すぐに発表した戯曲「ピタゴラス派を信ずると」(1952)は厳しい批判を受け、未完の長篇「正義のために」(1952)は思想的誤謬を含んだ作品と攻撃された。

人気ブログランキングへ
[PR]
by zaichik49 | 2009-04-20 02:02 | ロシア

外国語習得の難しさ


小さな頃は外でわいわい遊ぶのも好きだったが、自分の部屋にひとり閉じこもって本を延々と読む事も好きだった。これも何かあれば本を買って帰ってきてくれた父親のおかげだったように思う。

幼稚園に上がる前はディズニーの絵本全集、特に「小さな家」と「3匹のこぶた」をボロボロになるまで読んでもらい、幼稚園になると「日本昔話」のレコードを何度も聴き、その時期を過ぎると「世界名作全集」を読みあさり、それが過ぎるとミヒャエル・エンデの「モモ」や「果てしない物語」、斎藤 惇夫の「冒険者たち」「グリックの冒険」「ガンバとカワウソの冒険」などを何度も何度も読み返していたのを思い出す。

今から思えば、その頃に冒険ものや旅に出る話を読み過ぎたのかもしれない。

そして、中学になるとまずは父親の本棚にあった村上春樹の「1973年のピンボール」「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」や村上龍の「限りなく透明に近いブルー」、三島由紀夫の「金閣寺」なんかを読んで、何だかピンと来なかったのを覚えている。

そうこうするうちに自分で本を買って読む様になるわけだが、最近の読書の仕方は随分変わったなーと改めて思う。ここ最近読んだ本を並べてみるとこんな具合だ。

城/カフカ 
ものいふ髑髏/夢枕 獏
最後の恋/阿川佐和子、角田光代、沢村凛、柴田よしき、谷村志穂、松尾由美、三浦しをん
眠れ/ヴィクトル・ペレーヴィン
ロシア人しか知らない本当のロシア/井本沙織
言葉を育てる/米原万里
思いわずらうことなく愉しく生きよ/江國香織
壊れる日本人/柳田邦男
さようなら、ギャングたち/高原源一郎
オテル モル/栗田有起
ぶらんこ乗り/いしいしんじ
体は全部知っている/ 吉本ばなな (再読)

日本に帰った時に目に留まった本を購入し、それを一気に読んだ感じ。まあ、何と言うか乱読に近い。
昔は気に入った作家の本しか読みたいとは思わなかったが、最近は1年に1度日本の本屋に行くと、何を読んだら良いのか皆目見当がつかず、どうしても店頭に並んでいるベストセラーやお薦めコーナーに置かれている本に手を伸ばすことになる。

前置きが長くなってしまったが、そんなこんなで昔から「国語」は割合得意な方で、「英語」と比べてみても「国語」の方が遥かに評価は良かった。そして気付いたら「英文科」にいたわけだが、それもその時好きな作家がジョン・アーヴィングやポール・オースターだったというだけに過ぎない。大学時代は退屈な講義よりも、専ら図書館に通っていたようなものである。

そんなわけだから、突然ベルリンに行く事を思い立ち、ドイツに来た時はドイツ語なんてさっぱりだった。
大学の第二外国語の授業など何の役にも立たなかった。
しかし、必要に迫られれば勉強せざるを得ないわけで、有り難い事に今ではドイツ語で仕事が出来るくらいには何とかなるようになった。

それでも、本を読む、となるとドイツ語で読むのは一苦労である。なぜか?
日本語で読む自分の読書テンポが保てないからである。すいすいストーリーが頭に入って来ないと、自分にとって気持ちの良い読書リズムが生まれない。これは非常に苦痛なことである。
ロシア語になるとさらにスピードは落ち、ひどい時には辞書と首っ引きにならないとストーリーが終えない始末。英語で読んでいた時間が一番長いせいか、今になってもドイツ語で読むより英語で読む方がまだマシ、という具合だ。読めば読む程、上達するんだろうけど、これがなかなかやっかいなもので読みかけで放り出したドイツ語の本が後を絶たない。恐ろしい事に原書の「果てしない物語」はそこらのドイツ語の本と比べても難しく感じてしまう。想像の世界だから不思議な単語が後を絶たないためだ。

これには正直参りました、トホホ。
自分がエンデに齧り付いていた10歳レベルの国語力にも満たないのか・・・

自分の好きな作家を原語でスラスラ気持ちよく読める日はいつ来るのだろう?
というのが今日の表題でした。


人気ブログランキングへ
[PR]
by zaichik49 | 2009-03-08 01:46 | その他

ヴィクトル・ペレーヴィン


前回のアクーニン(グレゴーリイ・チハルチシヴィリ)に続き、現在のロシアで話題になっている作家と言えば、モスクワ生まれ、モスクワ在住のヴィクトル・ペレーヴィンではないだろうか。

「ペレーヴィンも読んでみた方が良いよ!」と三島由紀夫や村上春樹、川端康成などをがっつり読み込んでいるモスクヴィッチに勧められたのはいいが、ロシア語で読んでもさっぱり分からぬ、ぬぬぬ。

中でもタイトルからして気になったのが「чапаев и пустота(チェパーエフと空虚)」であるが、これまたロシア語ではすぐ挫折し、ベルリンでドイツ語訳も手に入れたがこれまた難解で挫折。頼みの綱は和訳のみという有様。

言語のせいだけではなく、難解なのが彼の特徴なのではないか、とさすがにここまで挫折して思う様になってきた。コンピューター上で繰り広げられるチャット形式のものや、ゲームの世界を舞台にした話など小説の手法だけでも風変わりなものが多い。「チャパーエフと空虚」に登場するチャパーエフの場合も実在した歴史上の人物チャパーエフにダブらせていたりもするそうなので、その辺のことにも精通していないと読み解けない仕組みになっているのではないだろうか。モスクヴィッチたちに言わせると、日本の精神性みたいなものも出て来るんだそうだ。和訳に是非とも期待したいところだ。

このペレーヴィン、ペレストロイカ後の1989年にロシアで起こった文学潮流「ターボ・リアリズム」の旗手として活躍しているそうだが、この流れはゴーゴリやカフカ、ブルガーコフらの系譜を受け継ぐとともに、ストガルツキー兄弟をはじめとするソ連SF小説の影響を強く受けて展開されている文学運動だというから面白い。ストガルツキー兄弟と言えば、タルコフスキーの映画「ストーカー」の原作者として有名であるので、彼らの著作にも近々トライしてみたいと思っている。

ペレーヴィンのサイトはこちらから。10月8日以降、残念ながらテキスト(一部音声ファイル付き)が掲載されなくなってしまった。音声ファイルを利用してロシア語を久しぶりに聞きたいと思っていた矢先だっただけに、非常に残念である。「購入」の欄には自作の書籍に混じり、村上春樹の「Охота на овец(羊をめぐる冒険)」も『現代の日本で最も常軌を逸した小説家による』と紹介されている。

a0087352_21211314.jpg


この恐らく偏屈であろうと思われる小説家だが、メディアに露出するのを嫌っているらしく、写真のほとんどはサングラスをかけたものなんだそうだ。

a0087352_5131010.jpg


*掲載写真はペレーヴィンのサイトhttp://pelevin.nov.ru/から。

人気ブログランキングへ
[PR]
by zaichik49 | 2008-10-16 05:22 | カルチャー

アクーニンと悪人


モスクワの友人に「彼のロシア語はとてもきれいだから読んだ方がいいよ。」と勧められたのが「アザゼル」だった。

a0087352_4433058.jpg


よくよく聞いてみると、どうやら著者はモスクワで日本文学を専攻し、日本にも留学した事のある日本通で、旧ソ連時代にはタブーとされた三島由紀夫の諸作品をロシア語に翻訳し、すぐれた解説とともに紹介した人物だそうだ。モスクワの友人たちのほとんどが彼の翻訳で三島を読んでいたし、安部公房や村上春樹などもよく話題に上った。

「アザゼル」は初版が98年、手に取ったのは2000年のことだ。
さすがに全部を通して読み切るだけのロシア語能力がなかったので、ベルリンに帰ってからドイツ語訳を、そして何と日本でも偶然ロシア語訳を見つけ即決で購入してしまったため、今では3冊もの「アザゼル」が本棚に並んでいる。厳密に言うと、ドイツ語のタイトルは「ファンドーリン」で、日本語では「堕ちた天使ーアザゼル」となっている。

さて、この「アザゼル」、発売と同時にロシアでベストセラーとなり空前の大ブームを巻き起こした。なぜか?

「アザゼル」に続く「エラスト・ファンドーリンの冒険」シリーズの作品が評価を得た理由としては、これまでロシアでは低いジャンルと見なされてきた推理小説のイメージを一新する、つまりは推理小説の手法は取り入れながらも文学的水準を中間の位置に保つという戦略的な作者の態度にある。

また、舞台が19世紀後半のロシアであることから、「古き良きロシア」へのノスタルジーを彷彿とさせるに違いない。ロシアのシャーロックホームズ、ファンドーリンが活躍する時代は、ドストエフスキーが「カラマーゾフの兄弟」を書いたロシア文学の爛熟期にあたる。原書の裏表紙に「文学が偉大で、進歩をどこまでも信じることができ、犯罪がエレガントで趣味よくおこなわれたり発覚したりした19世紀の思い出に捧げる」とあるのも作者ボリス・アクーニンの意図をよく語っているように思われる。

ボリス・アクーニンとは実はペンネームで作者の本名はグリゴーリイ・チハルチシヴィリ。初版出版の頃はまだ作者が実際に誰であるのか明かされてはいなかった。彼はグルジア系だが、ロシア語を母国語とするモスクビッチ(モスクワっ子)だ。日本文学者であることは先に述べたが、『外国文学』という月刊文芸誌の編集長を長くつとめ、同誌の現代文学特集で村上春樹や遠藤周作らをロシアに紹介している。彼の著書に「自殺の文学史」という作家たちの自殺についてまとめられたものがあるが、これも三島や川端、といった日本の作家研究が影響しているはずだ。この本についてもいずれは触れようと思う。

実は「作家の自殺」というテーマで研究を進めていたころ、四六時中自殺について考えていたため、辛くなり推理小説を書こうと思い立ったらしい。そして全く別の自分になるために「アクーニン」というペンネームを思いついた。アクーニン=悪人とはさすがである。

人気ブログランキングへ
[PR]
by zaichik49 | 2008-03-05 04:51 | カルチャー


ベルリン在住、ベルリナーによるモスクワ体験記も一段落。今後も気になるロシアや現在のベルリン生活の中で想うことをつらつら書いていこうと思います。


by zaichik49

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2009年9月29日に長女を出産しました。タグの「妊娠」にて妊娠覚え書きをまとめてみましたので、また覗いて見てください。

チェブラーシカなロシア?

ブログのタイトル変更について


当ホームページ掲載の記事、写真等の無断掲載を禁止します。
©2007-2009 Mariko*
All Rights Reserved.


カテゴリ

全体
ロシア
モスクワ
ベルリン

アート
カルチャー
デザイン
日常
その他
未分類

タグ

以前の記事

2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 02月
more...

ブログパーツ

フォロー中のブログ

イスクラ
増山麗奈の革命鍋!
ベルリン中央駅
ベルリンで考える心地よい暮らし

ライフログ


チェブラーシカ


チャパーエフと空虚


ノスタルジア


ストラヴィンスキー:バレエ《春の祭典》/スクリャービン:交響曲第4番 作品54《法悦の詩》


ベルリン・天使の詩 デジタルニューマスター版


ナイト・オン・ザ・プラネット


Home-Made: Contemporary Russian Folk Artifacts


堕ちた天使―アザゼル


The Book of Illusions: A Novel


はてしない物語

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
子育て

画像一覧